アンジロー親仁の音楽薀蓄

 スタジオの親仁が好きな音楽の事、楽器の事を勝手にしゃべるブログ。スタジオの紹介やバンドや音楽のこと話したい方歓迎!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴォーカリスト

最近、唄を上手く歌いたいって言葉をよく聞く。

ギターやベース、ドラム、キーボード(ピアノも)や何かは教則本やスクール、レッスンはいっぱいあって、努力次第で上手くなるメソッド(処方箋)は結構あるし、進捗状況も、このフレーズが出来たとか、判り易いよね。

で、翻って『唄』だよ。

極端な音痴でなけりゃ、カラオケの登場以降はボックスへ行けば上手くても下手でもとにかくなんとなく出来そうに感じてしまうし、誰でも歌えるように感じてしまうもんな。

しかし、バンドやユニット等生演奏をバックにつけて歌うという行為は意外に難しい。

実際にやってみると、カラオケみたいにキーを+2とか簡単に調整できない。加えて歌詞はテレビにも出ないし、リズムを取ってないとどこから歌ってどこを歌えばって感じになるよ。

だから、カラオケが少々上手くて仲間からはバンドで歌ってみたらと
言われても、実際に生演奏で歌いきれるのはそうそう居ないよ。

で、最大のネックはパワーだ。普通、自分の声はバンドの音量に負ける。いくらマイクを通しても、声が飛ばなけりゃ話にならない。

よく、アマチュアのライブでボーカルの声が聞こえないからPA何やってるなんて言われるけど、そんな場合はまず、唄にパワーがないことがほとんどだ。

だから、バンドでヴォーカリストになる第一歩は声量+通る声、気持ちの熱さがあること。=すなわち唄のパワーがあるってこと。

それに、リズム感と度胸(観客のほんどは唄しか見ない)が加わって、音程は後からの努力、練習量でどうにでもなるよ。

で、質問した人はこれらの事をよく考えて再度自分は前で歌えるか、歌おうとする覚悟を見せられるかって良く考えよう。
スポンサーサイト

コメント

初です

改めて聞くと参考になります。

なんか.コメントするのがとっても時期がズレてしまったのは許して下サィ(;´∀`)」

改めて.自分の歌は人前で披露出来るのか.と考ぇると.答ぇはノ-と言ゎざるを得ません。技術面ではもちろんだし.精神面にしても.そんなつもりはなぃのですが.自分は少しばかり「覚悟」とゅぅモノが足りなぃのかも知れなぃとも思ったりもしてます。理由は様々ぁるのですが.最近.とても人前でぅたぅコトが出来なぃ不完全な歌ばっかりになってるょぅな気がしてならなぃとゅぅコトです。先日教ゎったょぅに.今年は「歌ぅたぃ」としての自分としっかり向き合ってぅたぃたぃと思ぃマス。今の生活にもぅ少し余裕が出来たら.またレッスンぉ願ぃしたぃデス(*´∀`)ノ゛そぅぃぇば.①年生の方の中に.ボーカル志望の方がぃるらしぃデスッ!!!一応.私も.歌ぅたぃの端くれなので.追ぃ越されなぃょぅに頑張りマス。ぁと.ゃまみに向けてギターもゃって行きたぃので.ょろしくぉ願ぃします。でゎ.長文失礼しましたvv

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studioanjiros.blog43.fc2.com/tb.php/12-daa67cc9

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

anjiro

anjiro

ベーシスト、ギタリスト、唄も。
スタジオのオーナーです。
キャリア35年。
今年で齢51。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。