アンジロー親仁の音楽薀蓄

 スタジオの親仁が好きな音楽の事、楽器の事を勝手にしゃべるブログ。スタジオの紹介やバンドや音楽のこと話したい方歓迎!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忙しかったから

ついつい思ったこと。

自分の予定や好みにランキングをつけてみる。

仕事の管理は当然だけど。
仕事のスケジュールとか管理してると逐次変更を余儀なくされる。
まあ、仕事だからって、思ってやってるけど。

プライベートや趣味、人間関係とかも「今はこれが一番」って自分の中だけで決めておくと良いし。

変更は毎日やっても粛々と月次、週間とかで決めてもこれは個人の自由だね。

学生の場合はまだまだやれてない子は多いな。

勉強とか自分の個人練習課題とかもやってみたらッて思う。

人間はいっぺんに色々出来ないことがあたりまえだから
自分の好きなコト、モノのランキングをしてみると面白かった。

因みに来週のアンジロー仕事以外のランキングは

1;サタデーナイトショー
2;ベースの弦を変えてみる
3;BB&AのCDを焼いて汚染する
4;レッスンの予定をシッカリ出す
5;Mixiとブログはちゃんとやる


ってな感じ。
スポンサーサイト

少し自分の身辺を

月末で少し時間ができた。

この一週間強烈にきつかった。

夏が近づき、夏の準備もバンド活動もライブも活性化。

来月9日には

サタデーナイト・ショー

DADDY'S BAND 出演

場所;半田 Msステーション (オオサカヤ2F ユニクロ隣)
チャージ 1000円
チケットはアンジローまで 当日取り置き可

それから DADDYのバンドと別に
動き始めた2つのバンド

トリプルラウンド

ユキヤ D
マック G
かみゅ K
アンジロー B Vo


ミニコンズ(仮称)

ミニコン Vo
@nego  B
タカセ  D
アンジロー G

がある。

またおいおい方向性や活動状況はブログにて。

やっぱ、バンドは気合と完成度、レパートリーが勝負。

みんなに受けるより自分たちの演りたいパフォーマンスをどこまでお客さんに認めてもらってファンにさせる

だよ。

ライブと音源から喜んでもらえるようなバンドになる。という決意と覚悟を持ってやってる。

自分にとっては至極普通なことじゃんね。



これから活動していく人たちはこのあたりも見て欲しい。

ミュージシャン宣言したのでプレイで語りたいね。

ベースが治った

以前からトラぶってたベース(通称豹ベース)を改造してくれた

「榊原ギター工房」へ持参!

オーナーの榊原しんじ=通称シンちゃん。彼は古い友人。
昔から僕の使用楽器=ベースを作ってもらったり改造してもらったりしてて。

昔はボチボチやってたので無理を聞いてくれたりしたんだが。

最近では国内プロアーティスト御用達になって、ちょっと敷居が高くなったかのように多忙な彼。

でも、彼の作品を見れば一目瞭然。

ホンモノのカスタムってこれだ
ってものがいっぱいだ。

HPはhttp://sakakibara-guitar.alljapan.com/
だから興味のある人は行ってみて。

で、豹ベース。

bass


実はスタジオで弾いてる最中に突如音が出なくなって、それから他のを使ったりしてたのでちょっと放置してた。

実はこのベースとともにアンジローのベースライフが始まったのだ。
遡ること32年前に栄の名曲堂でオーダーしたのがこのベース。
レフティである僕は楽器を選べない。
だから、名曲堂の店員さんに推薦してもらった工房にオーダーしたのだ。

3ヶ月待って手に入れた自分として最初のエレキベース。
当時で8万程だったような。

それから、改造に改造して今に至る。

今は5本のベース。3本のエレキギター。各1本のエレアコ、アコギのコレクションがあるけど豹ベースが第1号なのだ。


材はボディはセン。ネックはメイプル。
改造箇所はペグ・ナット・ピックアップ(2回)・アクティブサーキット・ブリッジ。
ってか ボディとネック以外はオリジナルパーツはピックガードとエンドピンだけ!

現在の仕様は
オリジナルサーキットTBT、gotoカスタムピックアップ。シャーラーペグ、ブラスナット、ブラスブリッジだ。

35年以上のキャリアのほとんどを一緒にすごしてきた奴

だから、音が出なくなった時はちょっと凹んだね。

シンちゃん曰く、「断線してるよ」

「ジャックも錆びてるから代えちゃお、多分これで大丈夫!」

で、テスト。

前より音が良くなって復活!!!

やったぜ。またしっかり弾いてやろ。

今後僕の楽器リスト等はおいおい発表します。

基礎は

大切ってこと。

初心者のみなさんでコードやリズムパターンとか何もわからずに、バンドスコアとか買って来て、いきなりやりはじめてるって人、居ませんか?

まあ、ギターとかベースならバンドスコアにTAB譜とか出てるので、これを見ながら本当にボチボチとやれりゃ、やれないことはないけど。

毎回この繰り返しだと辛いよ。

基礎ってのは、知ってて実践してれば、自然に出来るようになるような処方箋みたいなものだから、出来てたら便利な代物だ。

上手くなりたい先人たちが一生懸命考えたものって思えば結構ありがたい。
プロの人たちでもウォーミングアップとして基礎をやってるのは周知の事実だし。

パートによってやスキルの違いで方法論は様々なので、一度相談してくれれば、その人にあった基礎練習の方法は考えてあげられるよ。

13日の日曜日

満員御礼になるはずだった、13日。

昼の部のI君のバンドがメンバー家族の件にて急遽キャンセルになった他は朝8:30のエキストラタイムから夜12:00の終了までずっと人が居て大変だった。

で、朝からの顛末をレポート

朝8:30からドラムの音。Tじと同年のリズム体併せ。
病欠復帰の奴のためだそう。N坂が居たのはちょっと驚き。

10時を目処にH高1年が集まってくる。なんでかなー。
ドラム希望の子たちばかり4人も。
聞いたら、俺が呼んだことになってるし。(爆)

そうこうするうちに先輩登場。Yさん(2年生)
メトロノームの相談だった。あ、そう(謎)
注文すればって感じで試験明けにまた決を採ろう。
他のパートでも欲しいのが居るかも?

お昼のバンドがキャンセルになって、残ってる若手;
K織と後輩たちと色々なお話。

基本的に初心者に言う話の論旨は極めて似てる。
聞いてた人へ;こういうの苦手なら事前に言って。

ブログに書いてる事が具体的に詳しく話されるだけだし。

音楽は様々。
楽しみ方も様々。

ただし、カッコよくプレーするなら、色んな音楽知ってた方が得だよ。
特に昔のヤツ程エッセンスが濃いのでプレーするには便利だね。

とりとめもなく話してたら1時頃に。
③ラウンドのyukiya、macが登場してる所にKみゅが顔を出す。
実は彼から予約の問い合わせがあって断ってた。

けど、来たのも何かの縁だからセッションしちゃった。
and選曲会議につき合わせることに。

アレンジとか気に入ってくれた。
yukiyaが「バンドやろっ」て言っちゃった。
But、彼は受験生。
本人やる気満タン。

おい!責任とれへんって(爆)

まあ、秋位まではボチボチやってもいいか。
ってことで参加することに決まっちゃった。

3時からネットから予約のNさんのトリオ。
バリバリメロコア!音でかっ!

そうこうするうちに夕方になってダディを迎えにに行こうと思ったら
電話が鳴った!

「えっと、初めてですけどレコーディングしたいんですけど、今からそっち行きます!」

で説明聞きにクルって。おっ久々にレコーディングだ。
N尾くんたち3人組。あっっ!ギターは外人さん!!
TimっていうUKとドイツのハーフ。半田の小学校で英語教育に携わってるそう。
まず、スタジオ見学や質問等、一回リハしてからって事で来月の日曜にって事になる。

ダディを1時間待たせてダディーズ練習。
新着のエレアコ(モーリスのカスタム)を持ってきた

めちゃめちゃいい音!!

これで6月のサタデーナイトショーに打って出る。

ライブ予定!

DUDDYS出演 

サタデーナイトショー

6月9日 19:30~

チャージ1000円
 

詳しくはアンジローまで

そして最後のR君のバンド。
彼らもサタでーナイトショーに出るって。
こりゃ、トリオ対決だ。

がんばらなくっちゃ。







13日スタジオは

満員御礼!


13日珍しく、当スタジオあんじろーずは朝から満員となりました(爆)

つきましてはこの日はスタジオ予約がかないませんので、悪しからず御了承の程を。

音楽経験がモノをいう~ウマい人

スタジオでは最近、徐々に新しい顔を見かける。
某H高校の1年だったり。

ネットで見つけてきてくれた人たちだったり。


でも、大多数の子たちが初心者だったり楽器は出来ててもバンド経験やライブ経験が少なかったりして。


だから新しいメンバーには経験が一番って教えてる。
ライブやセッションでやって凹んでを繰り返していくうちに段々解かってくるよ。


ウマいってのの定義はテクニックがあるなしではないよ。
楽しめるライブを構築できるトータルな技量をライブ中に出し切れる事だ。

だから、ウマさはバンド経験の多さがライブとかステージで結構差がつくと思うな。

お酒やワイン等醸造品みたいに長い間かけて良くなっていくものなんだ。

ただし、ブランクは禁物。たちまち腕も勘も鈍る。

アンジローもコンスタントに30年以上やり続けるのは根性要ったけど。


そうだ、バンドやるって時一番のマイナスは他人任せって事。

例えばバンドには指揮者が居ない。

よく、合唱や吹奏楽、オーケストラの人が戸惑うって話をよく聞く。

ましてや楽譜通りにやるって事も少ないから(特にロック、ジャズ)必ず自分の役割を真っ当すること。

加えて自分の代わりが居ないことも付け加えてくね。

だから主体性を持って参加すべきだね

最後に、今少し人からウマイって言われてても5年10年のスパンでみるとどってことないから、また上には上が居るから、しっかり精進し続ける事だね。

どうしたらうまく演奏できるか?

「うまくなりて~」

いつも、うちのスタジオで聞かれる言葉。

ほんで次に出る台詞

「アンジローさん,どうやったらうまくなれますか?」

俺、いつも返答に困る。

だって具体的に課題とか、技術的なこととか、心構えとか、メンタルな部分とか、何かあるだろ。

単に漠然と言われてもアドバイスが出来ないんだわ。


そう、例えばサッカーでも、ヘディングを強くなりたいとかシュートが入るようにとか、キック力をつけたいとか具体的なコーチ、アドバイスはできるけれど、「サッカーうまくなりたいす」には頑張れとしか言えないよ。

で、上手くなりたい人へコツは

「自分が出来ないことを分析して、具体的な目標を作ろう」

という問題提起をすること。
まずはここから。
セッション参加者の感想をみても、ちゃんと問題点を理解して、次なる目標設定が出来てる人はきっと成長して、上手くなるんだな。

セッション大会第2回レポート and So

さっき、TきくんとSHOが帰ってすべて一件落着。
長い一日が終了した。

午前9時に一番乗りはTじ。1時間個人練習してくって。
気合十分。
10時に三々五々集まってきたな。

事前にベテラン勢が欠席が多く、セッションになりうるかと不安になったけど、若手=10代にトリプルラウンドのゆきやくんが加わってくれて
締まった形になった。

まず、今回意識したことはコードや構成が簡単な曲で、みんなもすぐ理解できる内容が大切なこと。

スキルの高いメンバーこそ簡単な内容で差がつけられると。

加えて、初級者も曲に必死ではなく、合間に指摘できることが大きな違い。

で、今回はロック色が強めの内容だけど普通の8ビートは1つだけ。
しかもそれは重めのミドルだからバラエティに富んでいる。

基礎が出来ててというのからみれば、どうってことのない内容だけど
準備が十分か否かで、色々凹んだ人もいたかな。

メンバーではH高OB若手2名、現役3年3名 2年5名 1年1名で始まって
見学その他 午後からOB若手が2名。

若手が多く、アンジローはギター、ベース、ヴォーカルと大忙し。
75%はスタジオで何か演ってた。疲れたけど好きなことだから、面白かった。

時間的には昼休憩もそこそこに
しっかり7時間程スタジオ占拠して演奏したので参加メンバーも3~5曲プレイできたんじゃないかと。
不完全燃焼は少ないと思われるがいかがかな?

セッション終了前後にOBのMちゃんがベース持って来たり、southちゃんがI-Tuneの設定に来たりして、三々五々集まってさながら似非OBミーティングの様相に。

そんな訳で流れ解散になりました。

で、今回もできれば参加者、見学者もコメントよろしくです。




セッション大会 連絡その後

前回に比べ、参加してくれた人で今回不参加の年長者が居ます。

ぶっちゃけ、若いメンバー(高校生)には演奏するチャンスが
多くなり、色々試せると思うよ。

セッションに尻込みするのは良くないな。

出るなら頑張って、滅茶苦茶になっても演奏しきってしまおう。

自分の存在価値を示す!

これに尽きる。

それから、今は演奏できなくても、見学だけしたいって人も歓迎!

anji.jpg



ざっと今のところ
Vo 一人+アルファ
G 2(アンジロー含む) もう一名ほど来るか?
B 2(アンジロー含む)
Key 1
Dr 3
ってとこかな。

まだまだ、締め切りしないし。

当日飛び入り参加歓迎!

昼は適当になりますが軽食は用意します。(参加者のみですが)

はじめて来られる方へ

今日は某H高校の新入生が夕方に大挙して訪れた。

ざっと25人以上は居たか。

引率は常連の面々。なんだか博物館のガイドみたいだった。

普段はぐちゃぐちゃしてるミーティングルームを慌てて片付けて、広~くして迎えたんだが。
いっぱい居たね~。
キャンプファイヤみたいに体操座りで、ルールとか話して。

先輩達と漫才のような突っ込みとかが入って。

なんだかどんなスタジオに見えたんだろうかね。

今日のところは猫かぶって、全開には程遠くまとめた。

studio


ひとつ云える事。

素直に俺の言うこと聞いて、必死に練習して、レッスンをマンツーマンで受け続けることが出来た証には、

絶対上手くなる


うちのスタジオからメジャーやインディーズデビューした人も結構いたりしてるから。

うん。自慢じゃなくて。(マジ爆)



これから、付き合いが始まるけれど、自分の目標や理想ははっきり持とう。それをしっかり伝えてくれれば応援するから。
詳しくは先輩達や常連達から聞いてくれれば解るから。


 | HOME | 

Calendar

« | 2007-05 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

anjiro

anjiro

ベーシスト、ギタリスト、唄も。
スタジオのオーナーです。
キャリア35年。
今年で齢51。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。